So-net無料ブログ作成

「やればできる」 [本]

「日本をもっとよくしたい。」
勝間和代の思いにはぶれがない。すべての基点はここなのである。皆に元気になって欲しい、頑張っている人の努力が結果につながる様に努力のベクトルがその人にとって正しい方向に向いて欲しい。そのために自分ができることは、本やブログやツイッターを通じて自分が持つノウハウを惜しみなく伝えること。

「やればできる」はそんな勝間和代の思いがストレートに伝わってくる本だった。
勝間和代という人は、書籍やテレビを通すとアグレッシブでキツイ人という印象が強い。けれども、本人に会うとふわっとした柔らかい雰囲気を持ち合わるとてもチャーミングな人で、それまで持っていた印象とのギャップに驚かされる。テレビやこれまでの書籍からは見えなかった彼女のふわっとした不思議な魅力が伝わってくるのもこの本の魅力の1つだと思う。「助け合いながらステップアップしていこう」という本書の内容とともに、帯に使われた彼女の写真やカバーに白という色が使われていることも大きく関係していると思う。

この本を読んだ読者にとって一番大事なこと、それは勝間和代が提唱している4つの力以外にもう1つ必要になる力があるということだ。彼女が惜しみなく伝えてくれるノウハウを鵜呑みにしてそのまんま実践するのではなく、今の自分に合った方法にアレンジして実践する力。いきなり上を目指し、息切れしてして疲れ果ててしまったのでは彼女の本意に反してしまう。少しずつ努力して、できるところからステップアップしていけばいいのである。時給を10円上げるってことからだっていいのである。そのために自分がすべきことは何なのか、それを考え実践するために必要なのがこの本なのだと思う。
そうして、積み重なっていったひとりひとりの「やればできる」の先にあるものは、きっと希望を持てる日本の未来に違いない。「やればできる」が私の中に残したのはそんな思いだった。


番外編:
エピローグ内の謝辞に「私の本を流通してくださっている取次、書店のみなさん・・・(中略)・・・みなさんの店頭での力があってこそ、私のメッセージも読者の方々に伝えることができます」とりあります。家族や編集者にお礼を述べる著者は多いけれど、売る側の取次や書店にまでお礼を述べてくれる著者というのはそんなに多くはないと思います。こういった心配りはさすがという感じです。勝間さん、ありがとうございます!頑張って売ります(笑)

やればできる―まわりの人と夢をかなえあう4つの力

やればできる―まわりの人と夢をかなえあう4つの力

  • 作者: 勝間 和代
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2009/12/04
  • メディア: 単行本

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あなたを待っていた [本]

焼きドーナツとワッフルのおうちカフェレシピ

焼きドーナツとワッフルのおうちカフェレシピ

  • 作者: みなくち なほこ
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2009/10/16
  • メディア: 単行本
多分Mart発で流行り始めたドーナツメーカー。
うちにも何気にあります。
ホットケーキミックスを使って
簡単に作れるというのが売りなのですが
Martに載ってるレシピはデコレーションの仕方主体。
私としてはデコレーションよりも
ホットケーキミックス以外の
いろんな種類の生地が作りたいんだけどなー
と常々思っておりました。
したらば。
本日入荷した本の中にありました!
いやー、待ってましたよ、こんなレシピ本。
速攻、お買い上げ。
うーん、また本買っちゃったよーん。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

命のダイアリー [本]

命のダイアリー.jpg

うちの子がお世話になった小児外科医・松永正訓先生が小児がんと闘った子どもたちの記録を綴った「命のカレンダー」に続き、「命のダイアリー」を書かれました。
前回の「命のカレンダー」の時は、当店は配本が0だったので、今回、取次業者に早くからFAXで新刊予約を入れていたのですが、な、な、な、なんと、

初回配本30冊!

丸善が皇室ならうちは平民みたいな店なので、講談社の本が初回配本30冊なんて、異例中の異例。一瞬、「私、発注数書き間違えちゃった!?」と思ったくらいです(笑)。前作の「命のカレンダー」はスタッフのおすすめとして常時平積みにしていて、じわじわと売れています。その積み重ねが評価されての配本だったのか・・・。でも、おかげさまで、どどーんと積み上げて販売できます!

私は昨日、今日で一気に読んでしまいましたが、思うところがたーーーくさんあり、感想を書くとなるとえらいことになってしまうので、ちゃんとまとめてまた後日、ってことで。

命のダイアリー 小児がんを乗り越えた少年・少女たち

命のダイアリー 小児がんを乗り越えた少年・少女たち

  • 作者: 松永 正訓
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/09/29
  • メディア: 単行本

命のカレンダー 小児固形がんと闘う

命のカレンダー 小児固形がんと闘う

  • 作者: 松永 正訓
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/05/31
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

見慣れたあのロゴもこの人が [本]

佐藤可士和×トップランナー31人

佐藤可士和×トップランナー31人

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/05
  • メディア: 単行本
この本にはまりまして佐藤可士和氏を掘り下げ中の今日この頃。オフィシャルサイトを見たら、見覚えあるあれもこれも可士和さんのデザインだったのですねーって感じでした。そして、あの球団もあのロゴも!Eが「毛」に見えちゃうあれです(笑)
この本、なかなか読み応えあります。写真も綺麗だし。読んでると「第一線で活躍してる人はやっぱり違うなー、見習わねば」と背筋がピンと伸びるような感じになります。野球界からは古田くんが出ています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

レスポの雑誌 リターンズ [本]

LESPORTSAC 35th Anniversary Special!! Style1 ビューティ ガール

LESPORTSAC 35th Anniversary Special!! Style1 ビューティ ガール

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2009/04
  • メディア: 大型本

大人気だったこのレスポの本。なんと重版がかかったらしく、今週、ほんのちょっとだけ再入荷しました。がしかし、即売り切れ。でも、宝島社によると6月にもう一回重版があがって来るとのこと。もしかしたら、6月にまた店頭に並ぶかも(´・∀・`)。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カミカラ [本]

20090509231117.jpg
紙のからくりおもちゃを作る本です。一昨日の夜中、テレビで紹介されていて、それを見ていたダンナが「すげー、欲しい!」と一言。お買い上げしてきましたよ。ああ、私ったらなんて優しいんだろう。代金は来月分のお小遣いから差し引いておきますヘ(゚∀゚ヘ)
紙のからくり「カミカラ」

紙のからくり「カミカラ」

  • 作者: 中村開己
  • 出版社/メーカー: ローカス
  • 発売日: 2008/12/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

「おばさんとトメ」くるねこ大和 [本]

20090428195145.jpg

「くるねこ」シリーズの最新刊。新刊の便が来て箱から出した瞬間に速攻お取り置き。って1週間前の話ですが・・・。
とめちゃ、でらかわいい~。あー、もう1匹欲しいなあ。

おばさんとトメ (BIRZ EXTRA)

おばさんとトメ (BIRZ EXTRA)

  • 作者: くるねこ大和
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎コミックス
  • 発売日: 2009/04
  • メディア: コミック


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

レスポの雑誌 [本]

LESPORTSAC 35th Anniversary Special!! Style3 ボヤージュ

LESPORTSAC 35th Anniversary Special!! Style3 ボヤージュ

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2009/04
  • メディア: 大型本
この雑誌、すごい人気でしたねー。
うちは7冊×3種(柄が3種類ありました)入荷しましたが
入荷日の午前中には売り切れ、その後は「レスポの本ありますか?」というお問い合わせが何件も。既に常に在庫ありのamazonでさえ売り切れで、オークションやユーズドで高値で売りに出されてますねー。
私もレスポ好きなので、最後の1個になったとき一瞬「お取り置き」しちゃおうかと思ったのですが、私には使う場面があまりなさそうなので踏みとどまりました(´-∀-`;)
この雑誌、レスポのポーチが付いて980円。この価格から書店の取り分(これは25%位)、取次ぎの取り分、版元の取り分、本の原価・・・って引き算していく、とこのレスポのポーチの原価はせいぜい2~300円くらい?そんなもんでで作れちゃうんですかね?ってことはレスポのバックの値段って・・・考えるのはやめておこう( ´゚ω゚)。
こういうブランドとタイアップした付録がつくときは売り切れ必至です。発売日前に書店に予約するのがおすすめです(。・∀・)ノ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

癒されたい [本]

マリーンズようやく勝てましたねー。実は、昨日、今日の予告先発が朝井というのを聞いて、内心勝てるかもって思ってたんですよね。だって、朝井ってなんか、間が悪そうというか、運が悪そうというか、そういうオーラが出てるんですよねー。案の定、うちにフルボッコでノムさんから長々と公開説教。あれはさすがに敵チームといえどもかわいそうに思えます。カメラさんもあんなに何度も抜かなくてもって感じですが・・・( ̄▼ ̄||)そんな朝井氏にお奨めしたいのはこれ。
絶景日本こころの旅 (講談社MOOK おとなの週末癒しの本)

絶景日本こころの旅 (講談社MOOK おとなの週末癒しの本)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/04
  • メディア: 大型本
この本、いろんな風景写真が載っている本なのですが、めっちゃ綺麗です!!「絶景」と名づけているだけのことあります。しかーも、ムックなのでなんと1000円Σd(゚∀゚d)!!朝井氏じゃないあなたも本屋さんで見かけたらぜひページをめくってみてください。癒されることこの上なしです゚+。(о'∀')b

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「40 翼ふたたび」石田衣良 [本]

40―翼ふたたび (講談社文庫)

40―翼ふたたび (講談社文庫)

  • 作者: 石田 衣良
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/02
  • メディア: 文庫
新刊出しをしていたらこの本がありまして、あまりにピンポイントだったので思わずお買い上げ。この小説は2005年に連載されていたものだそうで、石田衣良氏が初めて同世代を主人公にして書いた小説だとか。
ドラマを見ているかのようにさらっと読めるし、最後はなかなか感動的だったりで、作者の「元気がない同世代の背中を押してあげたい」という気持ちはとてもよく伝わってくるのですが、いかんせん、日本の経済状況がこの本が書かれた時よりさらに悪くなっている今、同世代で、そして同じような状況下にある読者には「こんなにうまくいくわけがないじゃん。」と思えてしまうかもしれないなあー、などと余計なお世話的なことを思ってしまったのでありました。
でも、例えこんな劇的な展開にはならなくても、どんな年齢でも始められる何かは確かにあると思うし、何かを始めることで変えられることも確かにあると思うのです。すべては自分の気持ち次第。石田氏の一番言いたいことはそこなのかもしれません。
いつも私の背中を押してくれるのは彼らの音楽です。
えちうら 赤坂BLITZワンマンライブまで
あと5
日!


Rainbow.jpg

ECHIURA SPRING TOUR’09 RAINBOW
ツアーファイナル 3/15(日)赤坂BRITZ
開場 17:00/開演 18:00
チケット代金 前売 3,500 / 当日 4,000
◆ぴあ コード:313-659
◆ローソンチケット コード:75555
お問い合わせ先:
赤坂ブリッツ03-3584-8811

えちうらオフィシャルブログ  http://ameblo.jp/echiura/
えちうら楽曲視聴  http://www.myspace.com/echiura
えちうらライブ映像 

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。